オハナ新羽保育園:保育の理念・特徴

保育理念

私たちは子どもたちの最善の幸福を願い、世の中にたくましく向かっていく
[生きるちから]を持った子どもを育てます。
保護者と共に家庭との連携をはかり、地域社会と力を合わせて共に育てあい育ちあいます。

オハナ新羽保育園の保育

保育目標
  • たくましい子
    よく食べ・よく寝て・よく遊ぶが土台です。自分を大切にし、好奇心、探究心を豊かに育てます。
  • 思いやりのある子
    人との関わりの中で人に対する愛情と信頼感が育ち仲間や友達への関心を育てます。異年齢を通して相手の気持ちを思いやり共感しあえる心を育てます。
  • おもしろく遊べる子
    周囲の人たちや身近な自然に積極的に関わり、仲間と力を合わせて遊びを広げ、おもしろさ・楽しさを実感することにより勇気や自信をもって積極的に楽しさをしります。
めざす保育所像
  • オハナとはハワイで家族という意味があります。園全体に家族的な温かさがあり、異年齢との関わりを持ち、友達と遊ぶ楽しさ、思いやり、協力する事の大切さ、いのちの尊さ等、小さな発見を繰り返しながら、感情を養います。
  • 保護者が安心して働けるよう、一人一人の個性を大切にし、養護・教育が一体となった保育を行います。
  • こどもが安全で安定した保育所生活が送れるよう環境を整え、乳幼児の発達にあった健やかな育ちを支えます。
めざす保育士像
  • こどもと同じ目線で見たり、聞いたり、感動を共有できる保育士。
  • 一人一人の子どもや保護者との信頼関係を設立させられる保育士。
  • 愛され、親しまれる保育士。
  • 自らの行う保育について、常に子どもの視点に立って自己評価を行い、保育の質の向上に努める保育士。
  • 研修や自己研鑽を通して、人間性と専門性の向上に努める保育士。

本保育園の特徴

1、木を中心とした環境作りを目指しました
長時間を過ごす子どもたちが落ち着いて安らげる時聞を過ごせるように、木のぬくもりを大切にし、年齢にあった環境づくりをしていきたいと思っています。
2、食育に取り組みます
人間の原動力の基本は食事です。保育園で「つくって食べる」事の大切さを子どもたちに様々な機会を与えて知ってもらいたいと思っています。 年聞を通して野菜づくり、収種、クッキングにチャレンジしていきます。
3、シニア交流
たまプラーザ倶楽部や地域のお年寄りとの交流を深め、たくさんの人たちとの関わりの中で大切にされている、愛されているという気持ちを育んでいきます。
4、お茶指導
日本の伝統文化であるお茶(茶道)を取り入れることにより、おもてなしの心や物を大切にする心を育みます。
5、異年齢交流
家庭的な雰囲気の中で異年齢の交流を深め、大家族のような温かく、優しい保育園を目指していきます。
6、オハナの100冊絵本
オハナ独自の 100冊絵本を選定し各年齢ごとに発達段階を踏まえ、読みきかせを重視し想像力や感性を養えるような子どもを目指します。
※一時保育、子育て支援事業等も行っております。詳しくはお問い合わせください。

同法人他施設

※(社福)葵友会が運営する保育所は、すべて横浜市の認可を受けた「認可保育所」です。認可外の保育施設等は、当法人とは無関係です。

ページの一番上へ ▲