オハナ新羽保育園:ニュース

今日は夏至 キッチン

平成30年6月21日

小麦のあんころもち
おかわりするよ!
おいしいね
おかわりしたよ~

今日は、日の出から日没までの時間が一年の中で最も長くなる、「夏至」の日です。

夏至の日に食べるものは特に決まっておらず、地域によって違いがあるそうですが、関東地方では小麦で作った餅を焼いたものを食べます。

そして、その焼いたお餅は田植えを手伝ってくれた人に振る舞ったり、神様にお供えしたりしていたそうですよ。

保育園では、食べやすいように白玉を混ぜた小麦のあんころもちを作ってみました。
お餅が好きな子が多いようで、たくさんおかわりに来てくれました。

あんこが好きな子は、「あんこ大盛りがいい!」「今日のお餅おいしかったから、また作って!」というリクエストをしてくれました。

みんなとてもおいしそうにぺろりと食べていて、こちらも嬉しくなりました。

ページの一番上へ ▲