オハナ新羽保育園:ニュース

皆で豆まき!

平成30年2月5日

もも組、分園かりん組!鬼が来たぞ!やっつけろ!
あんず組!新聞紙を上手に口に入れられるかな?
あんず組に赤鬼が来たよ!どうしよう!
幼児クラスに青鬼と赤鬼が!「鬼は~外!福は~内!」
怖くて泣いてしまいました。先生も友達もいるから大丈夫だよ!

 2月3日(土)の節分の日に向けて、豆まきを行いました!
月曜日から鬼が来ることを察していた幼児の子どもは
「いつ来るの?今日、来るの?」
「鬼、怖いからどうしよう・・・」
と、鬼がいつ来るのか、気になる子、
「鬼なんて全然、怖くないよ」
「鬼は外!って言ってやっつければいいんだよ!」
と、強気な子、
それぞれ節分に向けて準備万端です。

 一足先に、ゲームで豆まきをしていたくるみ・くぬぎ組。
「先生!豆を投げて当てるとパラパラって音がするよ!」
「豆が痛くて鬼って逃げるの?」
と、自然と豆まきの由来に気付いている様子が見られました!

 今年は年長組の立候補者に子鬼役を頼み、保育士の赤鬼、青鬼と一緒に3歳児、4歳児を驚かせにやってきてくれました!
保育士が「鬼になりきって皆を驚かしてね!」と伝えると鏡の前や友達同士で顔を見合って怖い顔の練習をしていました!

 乳児クラス、分園でもそれぞれ節分を楽しみました。
 

ページの一番上へ ▲