オハナ新羽保育園:ニュース

まつぼっくりを探しに行って来ました! ~年長・分園かりん

平成29年12月27日

手を繋いで歩いていきました!
松の木の下に落ちてるんだよー!
見つかったかな?
松ぼっくり見つけたよ!
年長さんが給食の配膳をしてくれました♬

 今日はいちょう組と分園かりん組の子ども達数名で
丘陵公園にお散歩に行って来ました。
今回の目的は〝松ぼっくり探し〟です。
以前、分園の子どもたちが松ぼっくりが欲しくて探そうとしていた時に、いちょう組の子どもたちが「丘陵公園にあるよ!」と教えてくれたので、分園の子どもたちで
年長さんに手紙を書き、一緒に松ぼっくりを探してほしいとお願いをしていました。

初めて行く丘陵公園に分園の子どもたちはどっきどき!
「松ぼっくりあるの?」「早く松ぼっくり欲しいな」と楽しみにしている様子がよく
見られました。
年長の子どもたちも、「松ぼっくりあったらあげるからね」と教えてあげていたり、
「遠いから頑張って歩こうね」と優しく励ましてあげている様子がよく見られました。

丘陵公園にある松の木の下で一生懸命松ぼっくりを探す子ども達。
高い所にあって届かないと、木を揺らしてとってみようとはりきる姿も見られました。
子ども達も一生懸命探してくれたので、袋いっぱいに松ぼっくりをゲットすることができ、子ども達も大喜びでした。
今日みんなで取ってきた松ぼっくりはお正月の飾りの制作に使用していきたいと思います。
今回のお散歩では年長児が年下を思いやる姿や、かりん組が年長児と一緒に遊べることを楽しみにしたり、憧れる姿が自然と見られていました。
異年齢交流を増やしていくことで、こういった姿がたくさん見られるようになるといいと思います。

ページの一番上へ ▲