お知らせ

♪♪ おはなのかぜ♪♪ 5月号

平成30年5月1日

 ♪♪ おはなのかぜ♪♪  5月号
水、泥遊びがきもちいい~♪
水を流し込んで、友だちと協力して山や川作り!

 GW前半、昼間は心地よい風にこいのぼりがたなびき、夕方はオレンジ色の富士山、日が落ちると美しい満月のお月様。どこかに出かけたわけでもなく家のベランダから見える景色ですが、それだけでも心が休まる気がしました。
 毎年のことながら、4月に入園してきたお友達は慣らし保育が終わるか終らないうちに発熱でお休みする子が数名いました。
 知らない大人に囲まれて、頼りにしているご家族の姿が見当たらない。そんな不安なことはないでしょう。どれほどエネルギーを使って抵抗し、泣いて訴えているかと思うとけなげな姿に愛おしさを感じてしまいますが、これまた関心するのは子どもの順応性です。
 すでに少しずつ安心できる場所であることを感じ取ってくれているようで、保育士と笑顔を交わしお部屋や園庭で探索活動を始めています。園庭に出ると気分も変わり遊び心が刺激されてる子もいます。
 さて、ここでGWのお休みとなり、大人も子どももほっと一息といったところでしょうか。
休息はとても大事です。お子さんの体調や機嫌を見て取って、お子さんのペースで過ごすことができるのはご家庭ならでは。ちょっと疲れ気味の心と体を、GW後半も充電できるようお過ごしください。
 機嫌良く過ごせているかどうかは、小さいお子さんにとっては大切なこと。機嫌が良ければ好奇心も遊びながら学ぶ力も十分に発揮されるのです。
 4月のひと月と、5月のひと月ではまた見違える姿を見せてくれる子ども達。例年にない速さで暑さがやってきてますから、泥んこデビューも今年は早めになりそうです。感触を楽しみ気持ちも開放的に遊ぶことを経験してもらいたいと思います。
 こいのぼりのように、悠々と保育園生活を泳ぎまわってくれる日も遠からじ・・・
                  園長  小林 千恵

ページの一番上へ ▲